2008年09月05日

つわり中の便秘

妊婦さんのほとんどがつわりという症状を経験します。
しかし、つわり以外にも妊婦特有の症状といえるものがいくつかあります。
つわりともかかわりがあるのですが、その症状のひとつが「便秘」です。

専門的にいえば、妊娠中は黄体ホルモンが大量に分泌されるためどうしても便秘を避けることが難しくなるようです。
また子宮が大きくなるため、消化器全般が圧迫され便が出にくくなるという物理的な原因もあります。
便が出にくいままにしておくと、便が固くなってしまうため、さらに便秘に拍車がかかってしまいます。
悪循環を断ち切るためにもになるべく早めの対処が必要になります。
妊婦のための便秘対策を紹介したいと思います。

・毎朝牛乳を飲む。
・毎朝ヨーグルトを食べる。
・ひじきを食事に取り入れる。
・水分を多めにとる。
・便秘解消効果のあるルイボス茶をたくさん飲む。
・ウォシュレットを使う。
 (水圧で肛門を刺激し、腹圧をかけることなく直腸が刺激され排便につながります)
・納豆を食べる。
・適度にカラダを動かす。

まず、自分ができそうなことからはじめてみましょう。
無理なく、便秘が解消されるとベストですね。

市販の便秘薬には絶対にたよらないでください。
どうしても薬の力を借りたいというときは、自分で勝手に判断しないで、産科の医師に相談してみてください。
妊娠中でも使える便秘薬を処方してくれます。

便秘薬に限らず、妊婦さんは自分の判断で薬を購入して服用すると、母体や胎児に影響があると思ってください。
安易な判断で、最悪の結果を招かないよう、十分注意しましょう。

ラベル:便秘 妊婦
posted by tuwari-mama at 19:26| つわり中の便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。